脳ドックの費用・検査内容詳細~脳の病気&脳ドック ガイド~

オルソケラトロジーQ&A

  1. 脳の病気&脳ドック ガイド トップ >> 脳の病気-脳ドックとは?-

脳の病気-脳ドックとは?-~目的、検査内容。費用等...脳ドックの基礎知識をご紹介します。~

脳ドックの目的
検査内容
費用について

脳ドックの目的

脳ドックは「脳の病気を予防する検査」です。

脳ドックとは症状の出てない人を対象とし、MRIやMRAによる画像診断を主とする一連の検査によって、無症候又は 未発症の脳及び脳血管疾患、又はその危険因子を発見して、それらの発症や進行の防止を目的としたものです。

「脳ドック」による主な発見の対象
  •  無症候性脳梗塞
  •  脳卒中の危険因子
  •  未破裂脳動脈瘤
  •  無症候性頭蓋内および頸部血管閉塞・狭窄
  •  高次脳機能障害
  •  その他の機能的、器質的脳疾患だった場合は、それらの結果について判定が行われます。

トップページへ

検査内容

検査時間は1時間半~3時間程度ですが、念のため1日空けておきましょう。

検査内容は一般的に5項目に分かれていますが、病院によってはその内容に違いがある場合もあります。

1. 問診

問診は面談又は問診票に記入する方法で行われます。
主に、 現在の健康状況 / 既往歴 / 家族歴 / 生活習慣 などの質問も含まれます。

以下の方は検査を行う前に、必ず医師に相談してください。

  • ペースメーカーの装着
  • 体内に金属を使った治療をしている
2. 診察

一般的に以下の診察が行われます。

体型 / 顔貌 / 表情 / 会話及び運動状態 / 脈拍 / 心臓の聴診 / 頸部雑音の聴取 / 神経学的診察 体重 / 血圧測定 / 簡単な高次脳機能検査(受診者によって省略される場合もあります)

3. 血液・血液生化学検査
4. 心電図
5. MRI

脳ドックによって発見される異常個所は、大多数が致命的となる性質のものは少ないと言われています。 万が一異常が発見された際、多くの場合は半年から1年間経過を見る状態が続きます。 不安な方は医師に相談してください。

(※検査時間は病院により異なります。)

トップページへ

費用について

脳ドックは「自由診療」です

脳ドックは自由診療と言って、治療を目的としたものではないため「保険」は適用されません。
費用は一般的に30,000円~90,000円となり病院によって金額は異なります。
ただし、会社や自治会で補助してくれる場合もあるので調べてみましょう。

  • ・ 「脳ドック」の補助制度
  • ・ 会社の福利厚生による助成金
  • ・ 自治会による補助金

トップページへ

脳ドック実施クリニックを調べる
 

脳ドックの費用・検査内容詳細~脳の病気&脳ドック ガイド~